平等だけど・・・

f:id:asousaki:20170228143833j:plain

 

平等だけど・・・

 

例えば、

お父さんと、お母さんと、赤ちゃんの三人家族。

 

お父さんも働いて、

お母さんも働いて、

同じだけ働いて、

 

お父さんも赤ちゃんの世話をして、

お母さんも赤ちゃんの世話をして、

同じだけ世話をして

 

お父さんも家事をして、

お母さんも家事をして、

同じだけ家事をして、

 

とても平等だけど、

 

不公平に思えてくる。

 

あの頃

f:id:asousaki:20170227091220j:plain

 

あの頃

 

不安や心配や迷いや、

絶望や悲しみや憎しみや、

そういったものが無かったわけじゃない。

 

あった。

 

あったけど、

 

同じくらい、

力があった。

優しさがあった。

 

あの頃は。

 

幸せが逃げるよって?

f:id:asousaki:20170223160735j:plain

 

幸せが逃げるよって?

 

ため息じゃないよ。

 

深呼吸だよ。

 

らしく輝く

f:id:asousaki:20170223163603j:plain

 

らしく輝く

 

自分らしさを愛します。

自分らしさを大切します。

 

他の誰かと比べることはありません。

 

私らしく輝きます。

 

他の誰かと比べることはありません。

 

時の流れ

f:id:asousaki:20170223151447j:plain

 

時の流れ

 

どんなに後戻りしているように思っても、
どんなに後戻りしているように感じても、

 

後戻りなんかしていない。
後戻りなんか出来ないのだ。

 

時間は前にしか進まないのだ。

 

誰だって何時だって、
前に進んでいるのだ。

 

前にしか進まないのだ。

 

生きている限り、
前に進み続けるのだ。

 

どうでもイイこと♥♥♥

f:id:asousaki:20170223104255j:plain

 

どうでもイイこと♥♥♥

 

出そうで出ないくしゃみ。

 

思い出しそうで思い出せないこと。

 

似ているようで、似てないような。

 

本屋さんと私の心

f:id:asousaki:20170223105434j:plain

 

本屋さんと私の心

 

目的を持たず本屋さんを歩く

 

無意識に目に留まる本

何気に手を伸ばした本

きっとそれは

 

私の心が求めているものなのかもしれない

 

自分の心と共鳴するもの

 

意識は気づいていない

「心」

を見たのかもしれない